診療案内

診療時間

 日・祝
【午前診】
8:30~12:00
一般診療一般診療一般診療予約診療一般診療一般診療
【午後診】
14:00~16:30
完全予約
予約診療予約診療予約診療
【夜 診】
17:00~19:00
一般診療一般診療一般診療
  • 一般診療
  • 予約診療
  • ※お電話で予約・変更をお願いします。
  • ※診察の受付は診療時間終了の10分前までにお済ませください。

診療内容

  • 内科全般(生活習慣病・甲状腺疾患)
  • ものわすれ外来 初回は予約制
  • 在宅訪問診療・往診
  • 禁煙外来
  • 小児科
  • 健康診断・特定健診
 内科全般(生活習慣病・甲状腺疾患)
高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風などの一般的な生活習慣病から、甲状腺疾患、在宅酸素まで幅広く対応します。当クリニックで対応困難な場合は、必要性に応じて納得のいく医療を受けることができるよう、検査や専門医をご紹介します。
ものわすれ外来 ものわすれ外来

認知症が心配な方、ご家族に対し、内科疾患をふまえての対応を行います。介護老人保健施設石きりでの認知症診療の経験を活かして、診断・治療だけでなく、病気としての考え方、対応の仕方についての助言・提案を行います。
診断においては自宅での様子や側にいる方の気づきがとても重要であり、あらかじめ症状に関する質問票への記載をお願いしています。初診では30分ほど時間が必要ですので、あらかじめ電話で予約をお願いします。

ものわすれ外来の流れ

ものわすれ問診票

※受診時はご記入の上お持ちください。

在宅訪問診療・往診
自宅は最良の療養場所と考えますが、在宅ケアには患者さん自身の要望と支えるご家族の一致した意向や協力体制が不可欠です。信頼関係のもと、在宅療養の利点、弱点を十分理解いただいたうえで、はじめてスムーズに実現可能となります。自然な形での「過度になりすぎない医療」も選択肢の一つとして、できる限りお手伝いをしたいと考えています。
禁煙外来
クリニック内は禁煙とし、タバコをやめよう!と決意した方に対し、保険診療での禁煙指導・治療を行います。
小児科
石垣島の診療所で一般的な小児科診療を行っていました。健やかな成長を見守るサポートができたらと考えています。
健康診断・特定健診
随時行っており、保健師による指導も可能です。

ページの先頭へ戻る

アクセス

アクセスマップ

電車にて

電柱などクリニックの看板を参考にご来院ください。

南へ920m、徒歩約14分近鉄奈良線「河内小阪」駅より
「河内小阪」駅より 改札口を左手に進み駅南側に出て、商店街手前の道を左手(東側)に進み1つ目の信号を右折、直進約700m右側
南へ980m 徒歩約15分近鉄奈良線「八戸ノ里」駅より
「八戸ノ里」駅より 線路と交差する道を南側へ直進、「八戸ノ里南」の交差点を右折、 約300m四つ角を左折、直進約150m右側
東へ1.5km 徒歩約22分近鉄大阪線・JRおおさか東線「俊徳道」駅より
「俊徳道」駅より 駅南側の片側2車線の大きな道を左手(東側)に進み、「宝持中」の 信号を左手(北側)へ直進約250m左側

お車にて

府道24号線(大阪東大阪線 新深江―六万寺)宝持西の交差点を北側に曲がり4つ目の「止まれ」の標識のある四つ角右手が駐車場です。(駐車位置は表示しています)この四つ角を進んできた方向からみて右折、2つ目の四つ角を再び右折し、約30m右側がクリニックです。

※ 駐車場はクリニックの近くに2台ご用意しています。
※ クリニック周囲は一方通行、道幅が狭いところが多いため、ご注意ください。

住  所

〒577-0804 東大阪市中小阪1丁目18-7

電話番号

06-6723-0980

Fax番号

06-6724-0302

ページの先頭へ戻る

診療設備

  • X線一般撮影
  • 超音波検査
  • 心電図

ページの先頭へ戻る

医療ソーシャルワーカーをご存知ですか?

当院では医療保険、介護保険について、また各種制度の利用申し込みの手続きがわかりにくくてお困りの方をサポートする社会福祉士が勤務しています。在宅療養に必要な費用や高額療養費についてなど、経済面、社会面の問題点を一緒に考え、解決できるようお手伝いしますので、「ソーシャルさん!」とお声かけください。

ページの先頭へ戻る

「生活の質をあげる」視点より

1.食べる
人間が生きるのに最も大切な「口から食べる」を、いつまでも、安全に、おいしく続けることを目指します。えん下専門医による診察や内視鏡検査、食事に関するあらゆるアドバイスを速やかに受けることができるよう考え、助言します。また気付かない内に栄養バランスがくずれ、体力低下の原因とならないよう、管理栄養士による栄養指導も視野にいれて取り組みます。

2.眠る
年齢と共に睡眠リズムの乱れや熟睡感がなくなった、など困ることが多くなります。睡眠時無呼吸症の相談から、できればあまり薬を使いたくない方には光療法の提案など、幅広い視点から「眠る」をみつめる窓口になります。
3.排泄する
人間の尊厳として「失敗なく排泄する」はとても重要なポイントです。誰にも相談できずに悩んでいませんか?何科を受診したらいいかわからない、への対応から、内科でのスタンダードなお薬による治療、体操や漢方薬で改善が望めるのか、泌尿器科への紹介など、まずはお困りの内容をお話ください。

4.楽しむ
認知症予防や脳の健康教室として、くもん学習療法が注目されています。たとえば脳梗塞で体が不自由になったらリハビリで回復を目指すように、認知症の予防や改善に認知症リハビリが望まれますが、医療体制がまだまだ整っていない状況です。学習療法はリハビリの専門職でなくても行える認知症リハビリ、と考えます。一般的に知られている脳トレとは異なり、コミュニケーションをとりながら繰り返すもので、自宅で家族が行うことも可能です。また「今年の目標」や「この春のテーマ」などを考えたり、様々な状況の方が毎日を楽しく過ごす手助けができたら、と考えています。基本は「Let’s」=さぁ一緒に!です。
5.決める
若くて元気なうちから、人生のしめくくりのことを明るく考えてみませんか?自分の意向を確実に伝えることは、自身のみならず周りの方にとっても大切なことです。旅行のプランを考えるようにエンディングノートに取り組むことや、素敵に年を重ねた記念に写真撮影をすることをおすすめしています。取り組むに際して、医学的にわかりにくいことやもっと知りたいことがあればアドバイスを行います。

ページの先頭へ戻る

  • 診療時間
  • 診療内容
  • アクセス
  • 診療設備
  • 医療ソーシャルワーカーをご存知ですか?
  • 「生活の質をあげる」視点より

[ご予約・お問合わせはこちら]06-6723-0980

[診療時間]

[休診日]日曜/祝祭日/火・木・土曜午後

クリニックへのアクセスはこちら